終活

【四十九日の法要】って何のためにやるの?葬祭ディレクターに聞く(PR)

取材協力:

 

仏教式の葬儀において、よく耳にする「四十九日(しじゅうくにち)」。1級葬祭ディレクター・終活トータルサポーターの肩書をもつ鳥畑久美枝さん(株式会社リベント「花葬儀」)に、四十九日を行う意味やチェックすべきポイント、そして花葬儀での取り組みについてうかがいました。

花葬儀の鳥畑久美枝さん

鳥畑久美枝さん(花葬儀)

四十九日って?

大切な家族が亡くなり、葬儀の約1か月後に控えているのが「四十九日」です。

亡くなったその日を1日目として数え、死後49日目が四十九日となります。

この日に合わせて、遺族が故人を供養する会の「法要」と、お墓がある場合は「納骨」も一緒に行うのが一般的です。

また、葬儀の際に使用していた「白木位牌(しらきいはい)」から「本位牌(ほんいはい)」と呼ばれる故人の戒名が書かれた位牌を準備する必要があります。

白木位牌と本位牌

編集部作成

四十九日までに決めるべきこと

四十九日の法要の前後で必要となる準備をまとめると以下のとおり。


  • 法要の日時
  • 法要の会場
  • お寺さんの手配
  • 香典返しの準備
  • 本位牌・ご本尊・お仏壇の準備
  • 石屋さんへの連絡

そもそも、四十九日とはどのような意味を持つ日なのでしょうか。

四十九日に法要を行う意味

四十九日は、一般的に「故人があの世に行く日」とされています。具体的な意味を鳥畑さんにうかがいました。かつての日本の弔い方(とむらいかた)を説明します。

「昔は初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、と亡くなってから7日ごとにお寺さんがお経をあげていました」

しかし、時代は変わり、初七日どころか四十九日についても分からない……という人のほうが多いのではないでしょうか。葬儀後に行う法要にも次のような種類が存在します。

葬儀後に行う法要の種類

表:編集部スタッフ作成

そもそも、なぜ昔は7日ごとにお経をあげていたのでしょうか?

仏教の世界では、亡くなったら7回にわたり極楽浄土に行けるかどうかの裁きを受けるのです。

「あなたは生前どうでした?」と、ご生前の生き方を問われていくわけです。

そして、ようやく四十九日になったときに行き先が定まると言われています。(鳥畑さん)

49日目で亡くなった後の世界に行くことができ、その日まで故人は、あの世とこの世をさまよっているそう。

四十九日は、「経力(きょうりき)」と呼ばれるお経の力とご家族の想いで、故人が「極楽浄土」に行ってもらうための最後のひと押しをしてあげる日です。

ちゃんとあの世まで行ってもらって、仏弟子の修行を始めてもらう日なのです。(鳥畑さん)

四十九日とは、いったいどんな背景があり、故人にとってどんな意味をもつのか。その深い意味を知るほどに、よりいっそうしのぶ気持ちが強くなるのかもしれません。

しかし、「あらたまったご法要をされない場合でも、ご家族で集まり、故人をしのぶお時間を作っていただければ、私は問題ないと思います」と、鳥畑さんは強調します。

四十九日法要で大事な3つのポイント

では、法要をするにあたって私たちは何に気をつけたら良いのでしょうか。

法要の日程決め

法要の日程は、故人との最後のお別れをするためにも死後49日が経つ前が良いそうです。

しかし、四十九日の法要は、急いで日程や会場決めを迫られる葬儀とは異なり、時間的に余裕があります。

そこで、鳥畑さんは、「四十九日の法要の日程決めは、葬儀の際に行うほうが好ましい」と、アドバイスします。

葬儀の花

写真:Emmie / photoAC

私は、葬儀の喪主を務めている方に、「ご親戚やご住職がお見えになっているときに、ご法要の相談もしてくださいね」とお伝えしています。

ご親戚がお葬式に来ているので、そのときに一度に皆さんの予定が聞けるのです。

「法要の日はいつにしようか……」と悩むと思いますが、まずはご親戚のご予定も聞いてみてください。(鳥畑さん)

親戚や住職が揃っている葬儀や告別式の日に、法事の日程を決めるほうが良いというメリットには納得できるのではないでしょうか。

花葬儀では、この利点を理解してもらうため、日程決めのアドバイスは葬儀の打合せの段階から行っているそうです。

菩提寺への連絡と費用の確認

もちろん、葬儀の際に日程決めができない場合も考えられます。

その場合は、葬儀後、普段から付き合いのあるお寺(菩提寺:ぼだいじ)に挨拶に行って、日程を決める方法もあります。

住職と日程を先に決めてから、法要に呼ぶ予定の方に連絡をする順番です。

あらためて参加人数を確認する手間は発生しますが、法要を執り行う住職の予定をあらかじめ確保できる安心感が生まれます。

仏花

写真:でお / photoAC

また、法要にかかる費用についても、住職に挨拶に行ったタイミングで聞くほうが良いと鳥畑さんは話します。

法要だけでなく、仏壇やお墓の購入など、今後必要になってくるお金を前もって把握することも大切だからです。

花葬儀ではお寺の紹介サービスも用意。お寺と付き合いがないケースにも対応でき、喜ばれているそうです。その際、お布施の金額も花葬儀側から案内するとのこと。

香典返し

お通夜や葬儀で、故人にお悔やみをいただいた方には「香典返し」も忘れずに。

最近では、お返しの品として、送り先に品物を選んでもらうカタログギフトも人気です。欲しいものを相手方で決めてもらえるので、送る側としては商品を選ぶ手間が省けます。

しかし、カタログか従来通り品物を送るかという選択は、送る相手の家族構成も考える必要があるそうです。

「受け取る方の生活環境を考えてほしい」と、私は思います。

カタログギフトを送っても、ちゃんと品物を選んで、申込書のハガキに記入して投函してくれる世代なのか。その感覚を持っている人なのか。

もしそうじゃないのであれば、品物を送ったほうがいいです。(鳥畑さん)

品物の場合だと、「残らないものがおススメ。高齢者の方ならお孫さんや子供たちにあげられるものでもいいかもしれません」(鳥畑さん)。

写真:クッキー / photoAC

また、返礼品が届く日にちについてもアドバイスをもらいました。

法要の次の日に届くのが理想です。

手配に2週間くらいかかるので、法要日が決まらないと先方に送る発送日も決まらないのです。(鳥畑さん)

花葬儀の葬儀後の取り組み

法要前は、残された家族で多くの準備を行わなくてはいけないのが現実です。一つひとつ確認することが多いので、一息つく間もないように感じてしまいます。

しかし、花葬儀では、こうした葬儀後のサポートにとくに注力を入れているそうです。

終活トータルサポーターが葬儀後の不安を解消

その一例が、葬儀後も遺族を支えてくれる「終活トータルサポーター」の存在です。

葬儀後の不安や負担を解消するために、様々な手続きを代行で行ってくれます。

特徴的なのが、希望の仏壇を自宅で確認できるサービスです。

お仏壇もご自宅に持っていって、実際に飾られる場所に一度展示をしてもらいます。

例えば、お仏壇の色は「黒」を希望していたとしても、お店で見たときの色と、ご自宅に置いたときに見える色は異なるんです。

蛍光灯や、お部屋の窓から差し込んでくる光、壁の色とかで、自分の目に見える色の濃度が変わってきます。

そのため、実際にご自宅に置いたら、「もっと暗い色だと思った」ということが起こりうるんです。

なので、私たちは「どうぞご安心ください、ご納得いくまでご提案とお手伝いをさせていただきますよ」という前提でサポート体制を整えております。(鳥畑さん)

このアフターサポートは、葬儀の進行を行っている葬儀プランナーからバトンタッチを受け、鳥畑さんが「終活トータルサポーター」として率先して行っているそう。

仏壇

提供写真(花葬儀)

しかし、鳥畑さんは、プランナーからの引き継ぎの際に注意していることがあると語ります。

お客様は、葬儀の際に接している葬儀プランナーの存在は分かっています。

けれども、そのあとにアフターサポートとして私が行っても、「あなただれ?」ということになってしまいます。

なので、「この後は、鳥畑という終活トータルサポーターの者から連絡が来ますよ」ということをプランナーから伝えてもらうようにしています。

また、お客様との壁を低くするために、お客様が会うことを望まれる場合は、ファミレスや喫茶店など、ご指定の場所でご相談に乗ることもよくあります。(鳥畑さん)

鳥畑さんはサポートをするなかで、遺族には「安心感」を持ってもらえるように心がけているそうです。

花葬儀 アフターサポート

提供写真(花葬儀)

葬儀後の疲れている状況のなかで、様々なことを選んでいく必要がある四十九日の法要。すべて自分で行うこともできますが、こうしたサポートの手にゆだねてみるのも一つの手段かもしれません。

提供:花葬儀(株式会社リベント)
※「花葬儀」は株式会社リベントの商標または登録商標です。

この記事の取材協力

花葬儀

株式会社リベント「花葬儀」。“世界でたったひとつのお葬式”をコンセプトに掲げ、専属フラワーデザイナーとともに、デザイン性豊かなオーダーメイド方式での葬式を提案。東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県約800斎場で葬儀事業を展開する。アンケート調査では満足度97.3%。「その方らしい葬儀」としてTBS、日経など多数メディアにも特集されている。

花葬儀の関連記事を読む

みんなに記事を教える